学校紹介



図書館

図書館紹介

本校の付属図書館は開館以後、発展を重ね1991年に自動化システムを導入、部分的には図書館業務を電算化し、その後1997年10月にUNIX用図書 館業務電算化パッケージ(KOLAS-MU)及び1998年12月にはWeb Kolas図書検索プログラム、図書紛失防止システムを設置して、図書館の情報 電算網を構築・拡大している。

図書館概要

図書館は1970年4月1日、道南洞校舎の済州看護学校図書館から始まり、1973年済州看護専門学校、1979年済州看護専門大学、1983年済州看護保健専門大学に改編とともに、1985年3月1日には老衡洞キャンパスの本館3階に移転、1989年3月14日には別館2階に移転した。そして、1991年漢拏専門大学への校名変更と共に漢拏専門大学図書館になり、同年3月18日信館2階に移転した。その後、1998年5月学校名の変更により済州漢拏大学図書館に改称し、同年12月17日に現在の礼館4階に移転した。
また1991年から自動化システムを導入して図書館業務を電算化し、1997年10月にはUNIX用図書館業務電算化パッケージ(KOLAS-MU)を使っていたが、翌年の1998年12月に Web kolas Program及び図書紛失防止システムを設置して図書館の情報電算網を構築した。以後、2003年11月には ASP-System、2005年には国内学術誌の原文データベース及び電子ブック図書館、電子情報室なども備え、電子図書館を作った。
このような持続的な投資と発展が認められて、2006年6月教育人的資源部と韓国教育学術情報院とで共同開催した「2006大学e-Campus大会」において大学図書館学術情報共同活用事業部門別優秀機関に選ばれ、韓国学術情報院賞を受賞するなど、21世紀知識基盤社会に見合うバーチャル図書館及び学術支援センターとしての基盤を築いてきた。また、2008年3月礼館の1階に郷土資料室を設け、済州関連学術資料及び民芸品などを展示・提供して郷土文化の発展に寄与している

資料室別利用時間

図書館利用案内
区分 利用時間(平常時) 利用時間 (試験期間中) 備考
第1閲覧室 06:00-24:00 24時間開放  
第2閲覧室 06:00-24:00 24時間開放  
開架式資料室
区分 利用時間(平日) 備考
学期中 09:00-22:00 土曜日、日曜日、祝日は休館
休み中 09:00-17:00 土曜日、日曜日、祝日は休館